柴犬を飼う前に確認しておくべき3つのポイント

今日は、柴犬を飼う前に確認しておくべき3つのポイントについて書きます。

というのも、近所の人が柴犬を飼いたいと言っていたから。最近では海外でも柴犬が人気だそうですね。

でも、柴犬(和犬)は洋犬と違う部分がいろいろとあります。最も違う点は「洋犬のように感情をオーバーに表現しない、人にベタベタしない」という犬が多いです(個体にもよりますが)

だから、これから犬を飼う人にとってのイメージ(=洋犬のイメージ)とは、ちょっと違う犬種だと考えて下さいね。

1、家族全員が犬の世話をする事に同意しているか?(日中も家に誰かいるか?)

仕事をしながら飼うことになると思います。だから、家族全員が世話をする事に同意している事が重要です。

特に、子犬の時期は、エサを1日3回あげたり、人がちゃんと観ていてあげる必要があります。

【重要】生後6ヶ月未満の子犬を長時間1匹だけでケージに閉じ込めて留守番させると、精神的に不安定な犬になりやすく、問題行動を発生させやすいです!

2、柴犬の寿命は10~15年くらい。介護も必要です。

飼い始めたら15年くらいは途中でやめることはできません。犬も歳をとれば介護も必要です。15年後に犬を介護できる体力のある年齢ですか?

3、柴犬は、人間や犬とベタベタとスキンシップするのは苦手です。

愛犬とベタベタとスキンシップをとりたい人や、わかりやすい感情表現をして欲しい人は、柴犬はオススメできません。

柴犬は野性味の残る、番犬や猟犬に向いた犬種です(もちろん、個性がありますから、すべての柴犬がそうだとは限りませんが)

‥と、この3点くらいですね。

あと、ペットショップなどで飼うのではなく、やはり柴犬専門のブリーダーさんから購入するべきだと思います。

なるべくたくさんの子犬をみて、なるべく性格が穏やかで人懐こい子を選んだ方がよいですよ。

例えば、兵庫県だけでたったのこれだけしか柴犬専門犬舎しかないので、近所の犬舎にとりあえず全て足を運んだ方が良いです。

自宅でペットサロンを開業する

今回は自宅でトリミングサロンを開業する話をしたい。

なぜかというと、実はトリマーとして自宅で開業しようかと本気で考えた時期があるからだ。

そもそものキッカケは、当時飼っていた(今も実家にいるが)トイプーを自宅でトリミングしたいと思ったのがキッカケだ。

毎月毎月のサロン代もバカにならないし、特に夏はペットサロンに行くまでもなく、自分でバリカンで短くカットするだけでも良いと思ったんです。

そして、トリミング系の動画や書籍なんかを読んで自分でトリミングをやったら、意外と上手くできて、父や母に「トリミングの才能がある」なんて言われて気をよくした(笑)

でも、トリマーとしての技術を習得するのと、トリマーとして開業して上手くいくのとは、別のスキルが必要だ。

今回は、トリマーとして自宅開業するときの注意点や概要を簡単に説明しておきます。

トリミングで自宅開業することは思っているより簡単だ。基本的には、お湯さえでれば自宅でも開業できる。

まあ、トリミングを開業できない地区などもあるようですが、一部屋はもしくは部屋を半分に仕切って改装すればOK

改装と言っても、自分で壁紙を貼り替えたり、看板を自作すれば良いだけ。

自宅でトリマーとして開業するには許可が必要ですが、「衛生的であること」や「犬が安全であること」が問われるだけで、豪華な設備などは不要。

そんな小さなお店でも、自分だけがオーナートリマーとして一人でワンちゃんのトリミングをする分には何も問題無い。

それに、自宅なので自分の自由に時間の融通がきく。例えば、予約の入っていない時には買い物に行ったり洗濯したり。

また、例えば一頭5000円でする場合、午前中に一頭、午後から一頭で1日1万円の売り上げになる。

もちろん、集客の事を考える必要があるが、トリミングやカットは犬の毛が伸びると必ずやる必要があるので、まじめにやってれば近所の人がリピートしてくれる。

自分はこちらの神戸の須磨にあるペットサロンでやっていたトリミング教室に通っていた事もある。

犬は好きだし、犬をきれいにしてあげるのが好きなので、自宅で開業しても良いかと思っている。