マシュマロ実験と婚活

今日も婚活セミナーに行ってきたので、その備忘録を残しておく(笑)

まず「マシュマロ実験」の話をしていた。
これはどんな実験かと言うと、40年以上前にアメリカのスタンフォード大学がした実験で、当時4歳の子供186人集めて行なった実験です。

まずこの4歳の子供を一人ずつ教室に入らせます。そして、机の上にひとつだけマシュマロを置いておきます。大人(研究員)が「僕は今から出かけてくけど、僕が出かけてる間にマシュマロを食べずに我慢することができたら、僕が帰ってきた時にもう一つマシュマロをあげるよ」と、このように伝えてその大人が教室から出て行ってしまいます。

その結果、何人の子供がマシュマロを食べて、何人が食べないで我慢したでしょうか?

結果は、2/3の子供が待ちきれずに目の前にあるマシュマロを食べてしまって、1/3の子供がマシュマロを食べずに我慢して、マシュマロから気をそらすために、お絵かきしたり、おもちゃで遊んでマシュマロを食べずに我慢して、最終的にもう一つ(合計2つの)マシュマロをもらうことができた。

‥このような結果だったそうです。実は、この実験には後日談があって、子供達が大きくなった時に調べてみると、このマシュマロを食べずに我慢することができた子供(1/3の子供)は、学業の成績が優秀だったという最終的な実験結果が出ています。

つまり、将来のイメージをしやすい人、長期的な思考がある人っていうのは目の前に美味しそうなものがあっても、我慢することができるんですね。

このように、将来の幸せをイメージできる人というのは、仕事や婚活でも成功しやすい人と言えるという事です。

具体的には、例えば婚活している男性が、結婚相談所で女性と出会ったが、まだ友達期間だけどデートもいい感じにできていたとします。

でも、急に二日間ほど彼女からの LINE が返ってこなくなった。そうすると、短期的思考の男性はどんな風に考えるかと言うと、一方的に思い込んでしまって、「彼女から丸2日も連絡がない。僕のこと嫌いになったのかな?それか、他に男性と並行して、どっちの男性に乗り換えたんだろう」と勝手に妄想が膨らんでしまうそうです。

そして、「この人から連絡ないんだったら終わらせてしまう」ようなラインを彼女に送ってしまいます。

「君から LINE が来ないっていうことは、もう僕のこと嫌いになったっていうことだね。もう僕達、会わない方がいいと思うから、これで最後にする」っていうことで、一方的にそういったLINEをポンと送ってしまうそうです。

そして、そういう人に限って、彼女が連絡できなかった本当の理由を聞くと僕が悪かったっていうことでまたやり直したいと言ってしまうそうです。
彼女が、例えば「急な出張が入っても二日間バタバタしていたから、スマホをゆっくり見る暇もなくて、 LINE を返しそびれていた。ごめんね」と理由を添えて連絡が来たとします。

そうすると、男性は我に返るんですね。「そうだったんだ、僕のことを嫌いになったわけじゃなかったんだね。僕が勘違いしてたよ、ごめんね」ということで、

今まで通り、付き合って欲しいとこの女性に伝えるんですが、一方的に別れを告げられた女性としては、もうなかなか信用できにくいですよね。

今後、同じようなことがあった時に一方的に別れ告げられるんじゃないかっていう気持ちがあるため、婚活では9割方、お別れになるそうです。

いや~、これは自分もちょっと耳が痛い話でした。マシュマロ実験と同じように、婚活も短期的で感情的になって自爆してしまうケースがあるので、注意する必要がありますね!

自分は、Mの結婚を聞いてこの北野のウエディング会場で式を挙げると心に誓いました(笑)

そもそも、婚活パーティーは男性にとって不利

今回も、結婚相談所のセミナーに行ってきたので、その内容をシェアしたいと思います。

婚活パーティーは色んな場所で開催されてますね。ネットでちぇっと検索すればいくらでも出てきます。

でも、この婚活パーティーは男性にとっては一方的に不利なだけという話です。

というのも、女性はこの婚活パーティーへの参加費は500円とか1000円とか、場合によっては無料で参加できます。

一方で、男性は6000円とか8000円とか、安いとはいえない料金で参加しています。つまり、女性を安くする一方で、男性にその分を負担してもらおうという形になっているわけですね。

この「無料」とか1000円とか、比較的安い値段で婚活パーティーに参加している女性の心理としては、「無料だから収穫がゼロでも構わない」とか「美味しいケーキ」が目当て。
しかも、「男性が自分たち女性のお金を払って参加してるなんて、なんかすごく必死ね」という感じで上から目線の女性も多いので、そもそも不利だという事です。

やはり、女性は自分でたいした金額を払ってないので、モチベーションが上がっていないんですね。

「別にお金払ってないんだから、このパーティーで出会いがなくても損しない」ということで、やる気の無い女性が集まりやすいです。

一方で、男性は6000円とか8000円とか、決して安くないお金を支払っているので、この婚活パーティーで一人でも多くの女性と連絡先交換したい!とモチベーションはかなり高めです。

つまり、男性と女性との間でモチベーションにかなり温度差が発生してるわけです。

やはり、お互いの気持ちにここまで温度差があれば、そもそも上手く行かないわけですね。

しかも、女性の参加費が安い婚活パーティーは数多く開催されているので、今回は良い男性がいなくても、別の婚活パーティーに参加したら良いわという感じなので、そもそもこのような安い参加費の婚活パーティーにくる女性はそれなりの女性なので、このような婚活パーティーには参加しない方が良いという話でした。

ですから、男性も女性も同じ料金を支払って出会いを求めているところは、女性も凄く高いモチベーションの人が集まっているので、そういう婚活パーティーに参加するべきという話でした。

これは本当に納得できるというか、うなずける話です。

自分も実は過去に婚活パーティーに行ってみましたが、どう考えても男性が不利な状況でした(汗)なので、2回ほど参加して、もう行かなくなりましたけどね。

自分も、地元のMが結婚した話を聞いて、一気に焦りがではじめました(笑)

この元町にある相楽園の式場でぜひ式を挙げたいな

35歳以上の男性が結婚するのが難しい理由(セミナー備忘録)

今日は35歳以上の男性が結婚できにくくなる理由を書いていきます

というのも、結婚相談所のセミナーに行ってきたので、身につまされる内容だったので、備忘録としてメモしながら、シェアしようかと思ったわけです。

35歳以上の男性が結婚できにくくなる理由の最大の原因は、男女の希望年齢のミスマッチだそうです。

特に、男性の年齢が上がれば上がるほど、結婚が難しくなります。

というのも、女性は自分の年齢の±5歳差までの男性を希望する人が多いそうです。

例えば、女性の年齢が28歳であれば23歳から33歳くらいまでの男性、自分が30歳であれば、25歳から35歳‥という感じです。

かたや男性はどうかと言うと、子供を希望する男性は「女性の年齢は35歳まで」と希望する人がほとんどだそうです(まあ、当たり前か)

そうなると、男性が35歳であれば35歳までの女性、男性が40歳になっても35歳まで、男性が45歳になっても35歳の女性‥と、上限が35歳でストップしてしまいます。

すると、男性の年齢が上がれば上がるほど、女性との年齢差が広がっていきます

でも、女性は±5歳差くらいを希望しますので、ここでミスマッチが発生します。

また、35歳までの女性にアプローチが集中するので、競争が激しくなり、男性の年齢が上がれば上がるほど結婚が難しくなるというわけです。

もちろん、男性が子供を希望しないのであれば、35歳以上の女性でも問題ないのであれば、結婚の可能性はあります。

‥という内容のセミナーでした。いやもう、身につまされるというか、このセミナーを受講しながら嫌な汗がでてきました(汗)

少し前、高校の同級生のMが結婚したと風の便りで聞いた。地元の中央区の式場を選んだらしいけど、あのMも結婚したのか!いや~あせるわ~。