遺伝子組み換え食材は危険?品種改良と何が違う?

今回は、遺伝子組み換え食品について書きたいと思う。

というのも、食材配達サービスを選ぶ際に、「遺伝子組み換え食材を使っていない」ということをアピールしている業者がかなり存在したからだ。

これは裏を返せば、それだけ「遺伝子組み換え食材不使用の食品のニーズがある」と言える。ニーズがあるから、業者がアピールしているわけだから。

自分で色々と遺伝子組み換え食材について調べたので、備忘録としてまとめておきたい。

まず結論からだけど、結局のところ「遺伝子組み換え食材は危険なのか?安全なのか?」これが最も気になる部分だろうと思う。

でも、現時点では「安全とも危険とも言えない」が結論。食の専門家でも意見が分かれている。

そもそも、遺伝子組み換え作物とは、植物などの遺伝子(DNA)に、全く別の品種や生物のDNAを組み込んで、害虫に強くて、農薬が少なくてもよくて、生産量も多い作物を作ることを目的に開発されたもの。

遺伝子組み替えとよく似た技術で「品種改良」というものがある。

品種改良は、例えば甘いお米を作りたいと思った時に、甘い稲同士を掛け合わせて、さらにその中で最も甘いお米をみつけて、さらにその甘い稲同士を掛け合わせて‥と、親から子へと、特徴となる遺伝子を残していく技術です。

だから、品種改良は自然界でも起こりえること。でも、遺伝子組み換え技術は違う。完全に人工的な技術なので、自然界では絶対にあり得ないこと。ここが大きな違いです。

まず、この遺伝子組み換え技術は、日本国内では使用禁止。もちろん研究用としては栽培されてるけど、商業用としての販売は禁止されてます。だから国産の遺伝子組み換え食材はないです。

でも、日本では現在、下記の8種類の遺伝子組み換え作物の輸入が認められている。

大豆・とうもろこし・菜種・綿実・じゃがいも・てんさい・アルファルファ・パパイヤ

特に、大豆・とうもろこし・菜種は食料自給率はほぼ0%なので、輸入に頼っています。輸入元はどこかというと、アメリカです。

そして、アメリカの大豆やトウモロコシは90%程度が遺伝子組み換えだと言われています。

日本では原材料に占める重量が3番以内かつ、原材料に占める重量が5%以上の場合だけ、遺伝子組み換え食材の表示義務があります。

食品に関して、最も基準が厳しいと言われているEUでは、遺伝子組み換え食材を使用したら、原材料表に全て表示する義務があります。

そればかりか、家畜の餌に遺伝子組み換え食材を使った場合も表示義務があります。

う~ん、食材宅配サービスを選ぶのをキッカケに、本当にいろいろと勉強になった。

このページにもあるが西宮だけで食材配達業者がこんなにある。悩みどころだ。